のし、ラッピング、メッセージカード
全品送料無料! おむつケーキ オリジナルアイテムをプレゼント!
  • お中元特集
  • 送料無料キャンペーン

  • 全品10%OFF

  • カレンダー>>>こちらうちわは>>>こちら
    ブライダル 出産お祝い・内祝い おむつケーキ

    速い
    >>テイク・ユア・チョイス >>ティアラ

  • 送料無料
  • たくさん >>贈り先が多い場合は、
    エクセルで簡単・便利にご注文が
    できます


    プレゼント特典
    お問い合わせ
    ログイン
    人気ベスト5
    No.1photoテイク・ユア・
    チョイス
    【ガーベラ】
    No.2photoテイク・ユア・
    チョイス
    【アマリリス】
    No.3photoア・ラ・グルメ
    【トムコリンズ】
    No.4やさしいきもち
    【ふんわりコース】
    No.5えらんで
    【わくわくコース】
    あなたの悩みにお答えします
    カテゴリー
  • ブライダル
  • 仏事の基礎知識
    ギフトの基礎知識
    会社案内
    法人向けメニュー
    カレンダー
    うちわ

    カレンダー

    トップページ > カタログギフト一覧 > カタログギフトご利用ガイド > 法事・法要の基礎知識

    法事・法要の基礎知識

    故人を偲び、参列していただいた方々への気持ちを込めたお返しは当社の経験豊かなスタッフにお任せください。贈りもののくわはらだけの特別なサービスをご用意いたしております。

    junjo

    仏式
    • 一周忌(満1年)
    • 三回忌(満2年)
    • 七回忌(満6年)
    • 十三回忌(満12年)
    • 二十三回忌(満22年)
    • 二十七回忌(満26年)
    • 三十三回忌(満32年)
    • 五十回忌(満49年)
    • 百回忌(満99年)
    神式
    亡くなられた日から十日目毎に霊祭を行い、五十日祭が忌明けにあたり、親族や友人等を招き祭祀を行います。また、五十日祭の翌日に清祓の儀を行いますが、最近では五十日祭と一緒に執り行う事が多いようです。

    祭祀
    ●一年祭 ●二年祭 ●三年祭
    ●五年祭 ●十年祭 ●二十年祭
    ●三十年祭 ●四十年祭
    ●五十年祭 ●百年祭
    キリスト
    カトリックの場合は、帰天から三日目、十日目、三十日目に親族や友人等が参列して追悼ミサを行います。プロテスタントの場合は、昇天から一週間目、二十日目、一ケ月目の昇天記念日に記念式を行います。

    カトリック
    ●一年目 毎年の帰天記念目に追悼ミサを行う。
    プロテスタント
    ●一年目 ●三年目 ●七年目

    主な告別式後の対処について

    お位牌

    葬儀にお祀りした白木の位牌は、野辺送りに用いる告別式用の仮位牌であり、忌明け法要の日までに本位牌の代わりとして、後飾り段に安置します。本位牌は忌明け法要の日に僧侶に入魂していただきますので、早めに用意をします。白木の位牌は菩提寺にお納めします。ご先祖のお位牌がある場合はその位牌と同じか、それより小さめを選ぶ様にした方がよいでしょう。

    仏壇

    初めて仏壇を購入する場合は、忌明け法要の日に開眼供養、入仏供養等を行うのでその日までに用意します。購入の日は、買い換えの場合でも特に制約はありません。

    忌明け法要

    仏式の法要は、亡くなられた日から七日毎に行われますが、「忌明け法要」は最も盛大に執り行われるもので、五七日(35日目)または、故人の霊がその家から離れるとされる七七日(49日目)に、近親者、友人、僧侶を招いて法要(納骨式等)を行います。

    納骨式

    初七日、五七日、七七日(満中陰)または一周忌法要の際に行います。僧侶などへの謝礼は白奉書袋に入れ、表書きは「御布施」などとします。また参列者への案内、出欠席の確認、式後におも てなしを行う会場の確認や引出物の手配等も必要です。

    お香典返し(返礼品)

    不祝儀は、相互扶助の意昧もあり、必ずしもお返ししなくてはいけないものではありません。しかしながら、ご多忙中にも拘らずご弔問いただいた方々に「忌明けまで、無事、滞りなく終わりました。」というご報告とお礼をする意味がありますので、おろそかにはしたくないものです。お返しは挨拶状に添えてお届けし、これが忌明けのあいさつとなります。供物や供花をいただいた方にもお返しします。なお、弔電や電話をいただいた方には礼状を出します。

    通夜、告別式等でのご弔問客の名簿管理

    ご弔問いただいた方をはじめ、供物、供花をいただいた方、弔電をいただいた方、また、葬儀の際にお手伝いいただいた方等の御芳名を確認し、名簿を整理します。二七日(14日目)を目処に 始めます。詳細につきましては、弊社の担当者にご相談ください。

    ご挨拶状、年賀欠礼はがきの手配

    お返しに添えるご挨拶状、また、喪中に関わる年賀欠礼はがきを 手配、作成します。芳名帳(整理名簿)に基づいてご用意すると 良いでしょう。 詳細につきましては、弊社の担当者にご相談ください。

    御品選び

    不祝儀をいただいたら、「半返し」にしてお返しをするのが慣例です。ただし、一家の主たる働き手が亡くなった場合などは、3分の1程度でもよいとされていますし、不祝儀を遺児の養育費用にあてるような場合は、その旨を記したあいさつ状を送れば、お返しをしなくても非礼にはなりません。一般的には、お返しに贈る品は、いただいた金額を段階的にわけて、2〜3種類の品物を選ぶ方法がよくとられており、品物はタオル・お茶・海苔等が一般的です。詳細につきましては、弊社の担当者にご相談、お申しつけください。

    お香典返しのお届け期間

    仏式の場合、七七日(満中陰)の法要が済んだらなるべく早い時期に、神式の場合は、三十日祭または、五十日祭の後に行います。キリスト教式では元来、返礼のしきたりはないのですが、日本では他の宗教に習い、プロテスタントでは1ヶ月後の昇天祭、カトリックの場合は追悼ミサの後に行うことが多くなっています。詳細につきましては、弊社の担当者にご相談ください。

    ※弊社では、長年の経験を最大限に生かして、故人およびご葬家の方々にご安心いただけるよう誠意をもってお手伝いさせていただきます。ご不明な点、ご不安な点等、ご安心してご相談ください。

    ↑ページの上に戻る